スポンサーサイト

  • 2017.11.03 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    「オーケストラの職人たち」

    • 2013.10.08 Tuesday
    • 00:02
     JUGEMテーマ:オススメの本

     

     【こんな一冊の本】

     

     

     


         
    オーケストラの職人たち

     

     

     

     

     

                      岩城 宏之/著    

     

     

       ===============================================

     

     

      年に何回かはコンサート、リサイタルに行きたいと思う。

      
    魅力的な情報はあらゆる媒体を通して入ってくるから、あれ
      も
    これもと欲を張ろうものならとたんに別の苦しみに襲われ
      る。
    早いことそんな苦しみから抜けて、思う存分楽しみたい
      と思う。

      
    ここで単に“コンサート”と書くと範囲が広すぎるから、敢
      え
    て今回は「クラシック・コンサート」とさせていただくこ
      とに
    しよう。

      
    のるまんじいは、どうもひとりで行動するのが苦手になって
      い
    るようだ。“億劫”と言い換えてもいいかも知れない。た
      だの
    寂しがりやっていうやつかも知れぬ。ともかくお連れに
      いても
    らわないといけない。

      
    相手がほしい()。近頃、小悪魔クンなんかには「お守りし
      て
    よ」と頼むことにしている。

      
    そんなのるまんじいが行きたいコンサートだけれども、「演
      奏
    曲名」「指揮者」「ソリスト」そして「料金」などからほ
      ぼ直
    感的に行くことを決めることが多い。

      
    チケットを予約しようか迷うときは、まず“行けなかった”
      と
    いう結果が出る。来日するオーケストラなんか、「いいな
      あ」
    と思いながら、値段が高く仕方なくなく妄想音楽会で済
      ませる。

      
    ともかくどうしても行きたくて我慢できないとき、予約をす
      べ
    く受話器を取り上げることになる。できるだけいい席が取
      れる
    よう祈りながら。

      
    そして。

      
    当日は、どうしても早めに動き出す。コンサートで駆け込ん
      だ
    経験は未だないと思う。遠足の日の小学生よろしく朝から
      わく
    わくして。どう見たって変わり映えのしないおっさんな
      のに、
    何を着て行こうかとかね。

      
    チケットを持って開場を待つあの退屈な時間。席を確認して
      ト
    イレを済ませて。

      
    ああ、やっぱりたまらない。

      
    でも。

      
    著者の岩城さんではないが、1回の音楽会のために、どのく
      ら
    いたくさん人の、いろいろな種類の裏の働きがあるか考え
      たこ
    とがあるだろうか、と問われたら、正直なところ「ない
      」とか
    「なかった」としか答えられないだろう。

      
    だが、俄然興味が湧いてくるではないか。   


      以前、同じ岩城宏之氏の『楽譜の風景』
    (岩波新書)を読んで楽
      
    しかったので、図書館で偶然本書に出会い、興味も抱いた“
      コ
    ンサートの裏側”が舞台というこちらも、「じゃあ」と読
      んで
    みようかいうことになったのだった。

      
    さすが、岩城さんのことだから文章も軽快、明快でやはり期
      待
    を裏切らない。

      
    でも、こんな文章がまず目に入る。

      
    裏方の仕事には、拍手喝采は届かない。彼らの仕事は、100
       
    ーセント完璧にいって当たり前なのであって、それを褒め
      られ
    ることはないのだ。そして裏方のほとんどの人は、スポ
      ットラ
    イトがあてられることを嫌う。

     

                (中略) 

     

      彼らの縁の下のすばらしい働きぶりの一部分でも紹介できれ
      ば
    と思い、この本を書き上げた。

      
    ちょっとみなさんにはこの文章を意識していただいて、章立
      て
    とさわりをご覧いただきたい。

     

     

        レッスン1 裏方の大将は超多忙!  


      オーケストラの事務局とステージマネージャーにスポットラ
      イ
    トが当てられる。東京の紀尾井ホール専属の宮崎隆男さん
      とN
    HK交響楽団の延命千之助さんを世界一の感じだと評し
      ている。

      
    なお、本書は元々1998(平成10)年〜2001(平成13)年にかけて
      『
    週刊金曜日』に連載された記事なので、現在についてのる
      まん
    じいには不明なことご了解願いたい。

     

     

        レッスン2 ピアノとハーブの大移動

      
    どちらも重量の重い代表戦手だが、実際どうなっているのか、

      これは読んでみないとわからない。想像もつかない。そして
      ハ
    −プ運送会社の「田中陸運」の話。

     


        レッスン3 1日アルバイトをやってみた

      

      さて、岩城さん、どんなバイトにチャレンジしたのか…。


        
    レッスン4 オーケストラ御用達の運送会社

     

      通常のオーケストラの海外演奏旅行のための航空貨物はメン
      バ
    ーたちのスーツケース以外、平均約5トンになるそうだ。


      1972
    年末に日本フィルハーモニー交響楽団の組合員が起こし
      た
    ストライキの話もお読みいただきたい。

     

          
    レッスン5 ドクター・イン・レジデンス


      オーケストラの海外演奏旅行に同行するお医者さまのお話。

     

          「ドクターはつらいよ!」

     


        レッスン6 シャフヤは大変!

      
    よもや、お読み違いなきように()

      
    岩城さんがN響指揮研究員になりたての1955(昭和30)年ごろ、

      あるアルバイトで出会った教会の牧師さんに渡された名刺に
      は
    「浄書 カガワ楽譜」とあって、写譜の仕事を回してもら
      える
    よう頼まれたのだった。なんとこのカガワさん…、これ
      以上言
    っちゃダメだね。

      
    このカガワさんの美しい写譜とそうでないものとの比較が、
      
    P1
    31に載っている。  


     

        レッスン7 東京ハッスルコピーの人たち


      
    現在の写譜事情は…。写譜専門会社大手の「東京ハッスルコ
      ピ
    ー」の様子を。

     

     
        レッスン8 「クラシック」を定義する


      
    いかにも岩城氏らしい…。わかる、わかる。

     

        レッスン9 ピアノのお医者さん

      
    あまんきみこさんの『雲のピアノ』(講談社/)をここでご紹
      介させ
    ていただいたつもりになっていたが、残念なことにま
      だだった。近
    いうちに登場してもらおう。

     

      ピアノの調律師さんが主人公の素敵な作品だから。

      
    現実のピアノの調律師さんの世界とは…。

     

      

        レッスン10 プロによるプロのための

     

                   プロフェッショナルな調律

      
    インターナショナルな活躍をなさってきたという瀬川宏さん
      と
    の対談が載る。ともかくお読みくだされ。頭がただ下がる
      のみ。
    ピアノコンチェルトが聴きたくなった。

      
    知人が何日か前にピアノリサイタルに行って来たと話してい
      た。
    オールシューベルトだったって。うらやましい。

     

     

        レッスン11 アンコールはいつ始まった?

      
    アンコールが当たり前で、なかったときはがっかりしたのる
      ま
    んじいだが…。


         
        
    レッスン12 音楽会にチラシが多いワケ

      
    音楽会場入り口で渡される、あの大量のチラシ…。のるまん
      じ
    い、アレ意外に嫌いではない。映画館の予告編と同じよう
      に思
    えるし、易々とできもしないけれども、「次はどこへ行
      こう」
    と夢を持たせてくれるもの。コンサート・サービスと  
      いう会社
    を取材して。東京と関西圏とでは、ここでも違いが
      あるそうな。
    こちらも対談形式で。

     
      
    そして、話は「もぎり」にまで発展し、「日比谷サービス」
     
      を
    創設いたというもぎりのおばちゃんたちに当時の10年前に
      訊い
    た話を思い出深げに岩城さんは著すのである。

     

       「もぎり」

     

       

      何て哀愁を帯びた懐かしいことばだろうか。

      
    録音しておけば、戦中戦後の音楽会の裏話は、非常に面白く、

      貴重な記録だったのにと。「もぎりのおばちゃん大いに語る」

      という座談の1冊ができたのにと岩城さんは残念がっている。


      
    「もぎり」よ、今夜もありがとう。

      
    もちろん、岩城さんがこんなオヤジギャグを言う訳がない。

      
    さて。

      あなたはどんなコンサートにおいでになりたくなられただろ
      う
    か?のるまんじいは…。それは、またの機会に。

      
    一般向け。クラシックファン、岩城宏之ファンはもちろんの
      こ
    と、たくさんの方にお読みいただきたく思う。和田誠さん
      の表
    紙絵も一見の価値がある。一読をお薦めする

     

     
              
      ==============================================
       

     

     

     

         岩城さんが初代音楽監督を務めた

     

     

              オーケストラ・アンサンブル金沢

     

     

          http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/

     

     

      ===============================================

     

     

     

         田中陸運のホームページは

     

      

     

         http://www.t-rikuun.com/#/top/

     

     

      ==============================================

     

     

     

         東京ハッスルコピーのホームページは

     

     

     

         http://www.hustlecopy.co.jp/

     

     

       
       ==============================================

     

     

     
         コンサート・サービスのホームページです

     

     

     

         http://service.concert.co.jp/

     

     

     

      =============================================

     

     

     

              オーケストラの職人たち

     

     

     

       

     

                      岩城 宏之/著    

       

     

             

          

                 2005年2月 初版 文春文庫刊

                 

     

     


     
                 文藝春秋のホームページは

     

            http://www.bunshun.co.jp/

          

           

     

      

      ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

     ================================================

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>

    にほんブログ村

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM