コンテンツ
ヘッダ

まあやんの 徒然なる日々

お薦めの本の紹介と移ろいゆく日々の中から目にしたことを綴るブログです

カレンダー

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ボディ
メインコンテンツ

記事

タイトル
タイトル
「中学の修学旅行」
記事本文

JUGEMテーマ:京都

 

 

 

  公立の中学校は次から次と修学旅行に出かけているよ
  うだ。


 

  目的地は相変わらず京都・奈良方面のようだ。だが、
  もしここで行かないと行きそびれることもあるようだ
  から行っておくことをお薦めしたい。

 


  さて、まあやんの修学旅行である。

 


  中学の修学旅行って今でも覚えている。

 

 

  朝何時ごろだったか詳細は記憶にないが、品川駅から
  修学旅行専用列車「ひので」に乗って。何校もの中学
  生を同時に運んだようだ。

 


  新幹線利用はまだ贅沢だったのだろう。

 

 

  京都駅まで「ひので」はひたすら走る。長かった。

 

 

  どじなまあやんは学帽を窓から飛ばし愕然とした。

 

 

  京都からは貸し切りバスで奈良へ。猿沢の池の畔の「
  吉田屋」という旅館に。こちらはまだ現役バリバリな
  ご様子で。


 

  帰路は夜行列車で。

 


  異空間にみんな些か興奮。やんちゃな生徒対応におそ
  らく一晩中追われた生活指導の先生たち。

 

 

  帰れば翌日早速学年集会だった(笑)。

 

 

  時期は今頃か5月の後半だったと思う。

 

 

  3日間の日程で。

 

 

  タクシーを借りきって班行動何て想像もつかなかった
  あの時代。

 

 

  ひたすら団体行動あるのみ。

 

 

  興福寺、春日大社、東大寺、薬師寺、法隆寺と思えば
  おいしい所ばかり。

 

  

  が、興味がない中学生にとっては辛かったろう。

 

 

  まあやんはこの時に「薬師寺好き」が芽生えた。

 

 

  そして、京都。

 

 

  二条城、天龍寺、平安神宮…。後どこへ行ったかなあ。

 

 

  天龍寺の夢窓国師作の池泉廻遊式庭園を見ながら昼飯
  を食べたから印象に残ったかな。

 

 

  平安神宮の裏の神苑の渡り石で撮った写真が残ってい
  る。

 


  紛れもなく中3のまあやんだ。

 

 

  この旅行で京都・奈良へ通うきっかけを作ったのだっ
  た。

 

 

 

 

記事続き
前後の記事
<< 「鍵善さん」 | TOP | 「蛙聲秧歌(あせいおうか)」 >>
タイトル
タイトル
スポンサーサイト
記事本文
記事続き

Comment

コメント本文
commentAnchor296
そのかけらを手に入れられない中高生は多いのではないでしょうか。とってもいい思い出ですね。やはり京都・奈良でしたんですね。
コメントフッター
まあやん | 2017/06/14
コメント本文
commentAnchor293
 京都、奈良への修学旅行は、高校2年の時に見学いたしました。おおよそ見学した場所は同じようです。ただ交通手段は新幹線でした。各クラス7、8人ぐらいのグループを作っての見学でした。今も手許にあるカセットテープに、見学先のお坊さんの愉快な説明が録音されています。ウォークマンを、グループの仲間の中に所持していた者が持参して、録音しました。青春時代の欠片です。
コメントフッター
あお | 2017/06/12
コメント送信

Trackback

フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.