「中古」

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 11:18

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

  自分自身が既に【中古】の域だが。

 

 

  茶道具の世界では【中古】とはいないが、古くから
  のものを尊ぶ。

 


  伝来品というか、○○家旧蔵とか、古田織部所持と
  いったように。

 


  もちろんそんな貴重なものをぼくのような下々の者
  がおいそれと所持できる訳もないが、それでも顔見
  知りの道具屋と他愛もない話をしていて、江戸時代
  後期ぐらいでの道具でなら揃えられると教えられ、
  その気になった。

 


  少しずつ形になっていった。


 

  言ってみればそれらはどこかの同好の先人たちが使
  用したものであり、言ってみれば、【中古】になる。


 

  その【中古】品を茶人は貴ぶのだ。


  逆に新しいものはあらものと呼ぶが、できれば由緒
  あるものを使って茶事をしてみたいと思ったものだ
  った。


 

  今は昔の話だが。


 

  それにしてもだ。

 

 

  茶事を催したり、お呼ばれする身分になりたいなあ
  と今でも思う。

 


  これからの季節は朝茶の世界。

 


  暑い日中を避け、涼しい空気の流れる朝早くに催さ
  れる。


 

  利休居士と太閤秀吉との朝顔の席は早朝のことであ
  っただろう。

 


  あきらめなければ願いは叶えられるというから、ひ
  たすら願うことにしよう。

 


  連れは三帖台目茶席を、こちらは四畳半台目を好む。

 


  こんなことでも差はでるものだなあ。

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2017.11.03 Friday
  • 11:18
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    感謝あるのみです。ありがとうございます。
    • まあやん
    • 2017/06/24 1:01 AM
     面白かったです。こういう文章は中々書けないと僕のオヤジが言ってました。「残さなきゃいけない文章だ」と…
     ご本人もエッセイストになりたいとか。
    いつか、エッセイストになれるといいね、まあやん!!!
    • あお
    • 2017/06/20 3:22 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    にほんブログ村

    ブログランキング

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM