まあやんの 徒然なる日々

お薦めの本の紹介と移ろいゆく日々の中から目にしたことを綴るブログです
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「パニックくんのお出まし」 | main | 「はがき好き」 >>
# 「夏至は冷蔵庫の日」

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

  きのうは夏至だった。

 

 

  一年で一番昼の長さが長い日。もう次の日から冬至に
  向かって行くのかと思うと驚き、感無量になる。

 


  この夏至の日、冷蔵庫の日でもあるそうだ。初めて知
  った。

 

 

  電気冷蔵庫が当たり前に普及したのは1960年代後
  半からだっただろうか。

 

 

  我が家に冷蔵庫が始めてやって来たのは、1966(昭和4
  1)年、まあやん小5の臨海教室から帰った日。これか
  ら冷蔵庫が来ると聞かされてそれは楽しみだった。

 


  しかし、実際に来てみれば、ただの白い箱。テレビほ
  どの感激もなく。ただ、氷ができるのが珍しくて。

 


  台所を預かるおふくろからすればどんなに便利なもの
  の到来だったろうか。


 

  オヤジはいつでも冷えたビールを飲める訳だし。


 

  そんな感激を今のぼくたちは忘れているのではないか。

 

 

  何でもあって当たり前の時代。


 

  冷蔵庫がどんどん進化しているそうだから上手く使い
  こなせるといいと思う。

 


  一時「仮置き」の場所になっていないか?

 

 

  けらえいこさん作の「あたシんち」ではないが、ものを
  入れ過ぎないようにしたいものだ。


  おかあさんが特売のちくわを大量に買って冷蔵庫に詰
  め込んでいるシーンが頭に浮かぶ。

 

 

  まあやんは、いつでもアイスクリームが食べられる有
  り難さに、もう今一度感謝しなくちゃいけないな(笑)。

 

 

 

 

| comments(2) | trackbacks(0) | 11:53 | category: つぶやき |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:53 | category: - |
コメント
あおさん、コメントを有難うございます。身近なものの有り難さはアクシデントがあって分かる気がします。停電になって初めて、冷蔵庫も万能ではないと。おっしゃる通り、『温故』も『知新』も大切にしていきましょう。
| まあやん | 2017/06/23 11:55 AM |

 3種の神器の一つ冷蔵庫。僕が物心ついた時には、わが家には小さいけどあったような気がします。今の時代の冷蔵庫は、解凍までこなせる物まであるそうな。『温故知新』ですが、『温故』も『知新』も大切にしたいものですね!
| あお | 2017/06/23 8:01 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://normanjii.jugem.jp/trackback/890
トラックバック
Selected Entry
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
にほんブログ村
ブログランキング
Search this site
Sponsored Links