「二百十日」

  • 2017.09.01 Friday
  • 10:59

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

   「どっどど どどうど どどうど どどう 青いくる

    みも吹きとばせ すっぱいかりんも吹きとばせ」と

   始まる宮沢賢治の『風の又三郎』。

 

 

   三郎は二百十日の風に乗って現れ、二百二十日の風で

   何処へか行ってしまう。

 

 

   たった十日間の物語。

 

 

   きょうから9月。そして二百十日。

 

 

   まだ残暑は厳しいが確実に季節は移ろっている。

 

 

 

 

 

「8月31日」

  • 2017.08.31 Thursday
  • 14:37

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

   きょう8月31日は多くの小中高校で夏休み最後の日。

 

 

   今年は子どもたちが学校の宿題が多くてふうふう言っ

   ていたようだが。

 

 

   自分が同じ頃はといえば、中2まではともかく遊んで

   遊んでだったように記憶している。さすがに中3とも

   なれば高校受験を控えて、気持ち程度だったが「夏期

   講習」に参加したが。

 

 

   そして、最後の日も夕方になって西の空が夕焼けに色

   を染めるころになって初めて、ポツンと置いてけぼり

   をくったような言い知れぬもの寂しさを感じたものだ

   った。

 

 

   それは夏休みを十分に味わい尽くしたというのではな

   く、明日から学校が始まることへの物憂さだったと思

   う。

 

 

   この時は不思議と裏庭の百日紅の木が植わっていると

   ころでいつも感じるのだった。

 

 

   おそらく団体行動が苦手だったからだろう。

 

 

 

 

 

「しその葉」

  • 2017.08.31 Thursday
  • 12:13

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

   夜来の雨も明けるにしたがって上がって、今はくも

   った街の風景が見える。

 

 

   天気は違うが、

 

 

   木下夕爾氏の一句。

 

 

 

     しその葉に 秋風にほひ そめにけり

 

 

 

  この時期のカンカン照りのお日さまの下で天日干し

  した梅干しから紫蘇の匂いがしてくるが、あれは爽

  やかでよい。

 

 

  歳がいってからは「梅干しつくりを失敗するとよく

  ないことが起こるからやらない」と毎年口癖のよう

  に言っていたおふくろを思い出す。

 

 

  庭先で縁台のような床几のようなものにござを広げ

  その上いっぱいに梅干しと紫蘇を散らしてあった光

  景がまざまざと浮かんでくる。

 

 

  ちょっとでも雨に当たってはいけないというので、

  あわてて取り込むのがしんどくなっていたのだろう。

 

 

  この句はもしかしたら生えたシソの葉かも知れない。

  畑に植わっている紫蘇は通り過ぎるだけでも匂い、

  この時期の畑にあるのもいい。

 

 

  ところで。

 

 

  木下氏は広島県福山市のご出身。

 

 

  まあやんは児童詩の「ひばりのす」で木下氏を知っ

  た。

 

 

「冷やしるそうめんを食べたい」

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 10:03

JUGEMテーマ:グルメ

 

 

 

   日本テレビ系で放送中の「秘密のケンミンshow」での、

   そうめん特集で放送された「冷やしるそうめん」だが。

 

 

   埼玉県では冷やしるそうめんを食べないとtwitterがに

   ぎわったという。

 

 

   この前、北海道民の豆パン愛の放送の時も、北海道に限

   らず日本全国で豆パンを食べるとtwitterで反響があっ

   たばかり。確かに放送中に埼玉県北を知るツッチーが「

   冷やしるそうめん」を食べたことがないというので変だ

   とは思ったが。

 

 

   それはさておき。

 

 

   あれは旨いに違いないと思った。加須や川島町で食べら

   れたいるという冷やしるうどんでなくて「そうめん」で

   もよさそうな気がする。食べて見たいと思った。

 

 

   そして金沢の熱々のなすそうめん。

 

 

   これもシンプルそうだが食べてみたいと思った。シンプ

   ルなものほどごまかしがききにくく、素材のよさで味わ

   うのが好ましい。

 

 

   まだまだそうめんの時期は続く。

 

 

 

 

「そりゃああんまりじゃありませんか」

  • 2017.08.29 Tuesday
  • 07:30

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

  旧のお盆も過ぎたある日、

 

 

  オヤジから宮城県へ出かけるからついてこないかと同行を

  誘われた。

 

 

  向こうは仕事だったが、空気が読めない自分はすっかり旅

  行気分に解釈した。泳ぐつもりで支度をした。

 

 

  東北道を北上し、仙台から仙石線沿いに道を走る。目的は

  当時の矢本町。現在は東日本大震災で大きな被害を受けた

  東松島市になる。

 

 

  さして時間もかからず用事を済ませ、さあ帰るぞと。

 

 

  聞き分けのよい息子なら何も言わず従うのだろうが、そり

  ゃああんまりじゃありませんかと抵抗し出す高校生のまあ

  やん。

 

 

  わたしゃ、せっかくの夏休みちょいと遊んで行きたいと。

  予想しなかっかたったのか、機嫌が悪くなるオヤジ。

 

 

  粘った者勝ちでひとりで旅人に。

 

 

  伊達氏の菩提寺瑞厳寺に参り、松島、そして奥松島と周遊

  し、大高森の展望台から島々の景観を眺める。

 

 

  そして、野蒜にあった松島YHに一夜の宿を借りる。翌日

  は仙台市に戻り、大崎八幡宮を参拝した。まことに美しい

  神社だった。

 

 

  さて、都合の悪いことは記憶がなくなるのか帰宅してから

  どうだったかは覚えていない。

 

 

  お盆過ぎれば暑さも和らぎ、涼しく泳げるようではなく、

  所期の目的は達することができなかった。

 

 

  高校生になっても大人になれなかったまあやんである。

 

 

 

 

「図書館へいらっしゃい」

  • 2017.08.28 Monday
  • 10:00

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

 

   一昨年の8月26日の鎌倉市図書館のツイートが話題に、

   そして共感が広がった。

 

 

   「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、図書館へい

   らっしゃい」という内容だった。

 

 

   夏休み明けのことを考えてのことだった。

 

 

   同じ痛みを抱えたことがある方ならお分かりになると

   思う。

 

 

   9月1日は小中学生の自死が多いと。

 

 

 

 

「ビール工場を見学 そして試飲」

  • 2017.08.27 Sunday
  • 08:34

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

  夏休みも残りわずか。

 

 

 

  自由研究はお済みだろうか。

 

 

 

  まだこれからという方にお薦めなのが親子で「工場見学」。

 

 

 

  パンフレットはもらえるし、工場内の見学も楽しい。な

  ものでいろんなところによく行った。

 

 

 

  府中市にあるサントリービールへ出かけたことがあった。

 

 

  工場内意を職員が案内してくれて、最後にビールやジュ

  ースの試飲ができて楽しい。驚いたのは、まあやんより

  上の世代のグループ。何回も来ていたようで、おつまみ

  を持参していた。さすがという思いとそこまでやるかと

  いう気持ちが。

 

 

  近ごろ、もっと「進化」しているようだ。宿題を片づけ

  るのとちょっとした娯楽を兼ねられる。

 

 

  このときばかりは車はやめて。

 

 

 

  ともかく乾杯!

 

 

 

 

 

「ワインレッドが」

  • 2017.08.26 Saturday
  • 07:52

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

   久しぶりに散髪に行ってきた。

 

 

   担当してくれた方がまあ口がお上手で。

 

 

   着て行ったポロシャツのワインレッド(?)がおしゃれ

   でなかなかありませんよと。ほめられれば悪い気のす

   るはずもなく、ついふんふんと聞いてしまう。

 

 

   あとで連れに話したら、「それ、ユニクロじゃなかっ

   た?」と。

 

 

   正解。お世辞か。

 

 

 

   呵呵大笑!

 

 

 

 

 

 

「野菜ばっかり」

  • 2017.08.25 Friday
  • 10:25

JUGEMテーマ:趣味・日常生活

 

 

 

   その昔、オヤジが畑をやっていて、夏はきゅうり、ト

   マト、茄子がずっと食卓を賑わせていた。

 

 

   つまりは「ばっかり食」で(笑)。

 

 

   おふくろは手も変えず、品も変えず。茄子だけで2・

   3品。

 

 

   若い頃は「肉、ニク」だったから、ひたすら我慢の日

   々(笑)。文句を言えば、「だったら食べなくていいよ」

   となるに決まっていた。

 

 

   今なら旬の恵みを有り難くいただくのに。うまくいか

   ないものだ。

 

 

   懐かしい。

 

 

 

 

 

「プールの帰りに…  梨」

  • 2017.08.24 Thursday
  • 10:58

JUGEMテーマ:グルメ

 

 

 

   季節は早いが。

 

 

   梨といえば。

 

 

   小中学生の頃、夏休みにプールで泳ぐために自転車で

   片道30分かけて出かけていった。学校のプールはそれ

   ほど開放されてなかったし、何しろプールそのものが

   ほかになかったのだ。

 

 

   今なら絶対にやらない(笑)。いや、やれない。

 

 

   泳いだ後に冷えた身体に、おでんを食べるのが約束だ

   った。

 

 

   帰り道、国立の甲州街道の南に梨園があって、直売を

   やっていた。

 

 

   1こ買って手動の皮むき器でむいてもらって、かぶり

   ついた。

 

 

   うまかった。

 

 

 

 

    https://twitter.com/Kunitachi_Happy/status/771526948904243201

 

 

 

 

 

 

   

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

にほんブログ村

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM